スプーン・フォークケースは、無印“ペンボックス”で代用

2019年4月13日

スプーン・フォークケースをセットで買いたくない方、必見!

これは小さな大発見♪

ケースが壊れた親御さんは是非お試しあれ。

 


最初は布製のケースを使用


息子が保育園に行き始めた1歳9ヶ月頃は

主張が特に無かったので

私が使っていた布製のお箸入れに

絵柄のついていないスプーン・フォークを入れて

持って行かせていました。

 

それで特に問題は感じていなかったのですが

2歳を過ぎ、別の保育園に通うようになって

スプーン・フォーク入れは、

できるだけ子供が自分で出し入れしやすいものを

用意するようにと言われたため、

布製のスプーン・フォーク入れは諦めて、

プラスチック製の入れ物を買うことにしました。

2歳の子供の手先はまだまだ不器用ですからね。

 


プラスチック製ケースが壊れても、ケースだけ買うことはほとんど不可能


壊れにくくて、シンプルな構造で洗いやすそうなもの。

というわけで、スケーター(株)の以下のタイプのに。

全然、私好みじゃないですが、

仕方なくプラレールの青色のセットにしました。

↓こんな感じのものです。

部分的に壊れながらも2年以上は使いましたが

ついにお箸を使うことなく、ケースが破損。

 

そこで、探したんです。

某イオンモールのトイザらスでは

大量のカトラリーセットが並んでいましたが、

ケース単体で売っているものはありませんでした。

ネットでもある程度見ましたが、やっぱりない。

 

スプーン・フォークは壊れることはほぼないと思いますが

ケースは大いに壊れる可能性があるのですから、

ぜひ単体で売ってほしいのですが・・・

これはもう陰謀としか思えない(><)

 


無印のポリプロピレンペンケースは、接続部分が壊れやすい


結局、トイザらスの次に足を運び、

購入したのが、無印のポリプロピレンペンケース(小)

税込189円。(ネットで見たら150円だが??)

スプーン・フォークが問題なく収まった時は

「やった!!」と思ったものです。笑

 

ポリプロピレンは食器にも使われているし

安全性も特に問題ないと思いました。

 

しかし、やはり懸念していた接合部分。

一年も持たずにちぎれてしまいました・・・。

半年以上は使ったかなあ・・・

 


お箸を入れないなら、ペンボックスが最高!


前回のペンケースを買うときにも気になっていた

ポリプロピレンペンボックス 15cm」。

税込150円。

※今見たら「在庫なし」ってなってる!(><)2018/4/21現在。無印は廃盤とかもあるので要注意ですね…。もう1つ買っておくべきだったか。

 

かなりコンパクトなので、

スプーン・フォークが入るのかどうか不安でした。

ただ、構造は非常にシンプルでまず壊れることがない。

スプーン・フォークケースは、無印“ペンボックス”で代用

スプーン・フォークだけなら余裕で入りました。

もちろんフタも余裕で閉まります。

ただ、入れたいもののサイズにもよると思うので、

実物を無印の店頭に持って行って

実際に入れてみるのが良いのではないかと思います。

売り場でも特にビニールに入っているわけではないので

試すことは可能だと思います。

 

スプーン・フォークケースは、無印“ペンボックス”で代用

うちにはたまたま子供用のかなり細くて短い箸があったので

一緒に入れてみましたが、何とか収納可能でした。

最近、普通のお箸も使えるようになってきて

保育園からも持ってきていいと言われたところだったので

ちょうど良かったです。

 

スプーン・フォークケースは、無印“ペンボックス”で代用

私の好みでバーバパパのシールをつけました♪

無印はシンプルなので、カスタマイズもしやすいですね。

このシール、以前のケースに付けていた再利用品ですが

意外とちゃんとくっついてくれて節約になりました。笑

不自然にやたらと白くなっている部分は

名前シールが貼ってあります。

 

ちなみにケースは平日は毎日、食洗機で洗っています♪

 


まとめ


  1. スプーン・フォークのケースがほしいけど、スプーン・フォークは要らないという方、ぜひ無印のペンボックスをお試しください。
  2. ペンボックスは、子供にとっては若干閉めるのが難しいかもしれませんが、手先の訓練にもなりそうです。
  3. すぐ壊れてもまた買い換えるという方は、ペンケースの方でいいかもしれません。