出しっぱなしになるモノは、美しさで選ぶ。PUEBCO Tape Dispenser

2019年8月29日

オススメのテープカッター

実家で暮らしていた頃には、

2つくらいテープカッターがありました。

当時は気にすることすらなかったモノたち…

(↑こんな感じのテープカッターでした)

 

なぜこれを選んだのかとか、

そもそもモノをどういう視点で選ぶのかとか、

買い物とは何かとか(笑。これはマニアック?)、

そういうことは全然考えないで

私の両親は購入していると思います。

 

実家においては

過去はもちろん、現在でも大半のモノは

何も考えずに「物の名前」と「値段」で

買っているのであろうと思います。

 

価値感は人それぞれ・・・

ただ、もしも、

落ち着くインテリアの家で暮らしたい

と思うならば、当然のことながら、

モノ選びが最重要事項とななります。

 

はっきり言って、

すべてのモノは慎重に選ばれるべきですが、

その中でも、引き出しにしまったりせず、

どうしても出しっぱなしになりがちのモノは

最大限の注意を払って選ばねばなりません!

 

息子が工作をするようになってから、

やはり"セロテープ”を使う機会が増えていき、

初めはテープに元々付いているカッターを使ったり

ハサミで都度切ったりしていましたが、

するとどうしても私が手伝う羽目になります。

息子が一人で自由にテープを使うには

やはりテープカッターが必要であろうと、

購入を決めました。

 

探してみると今は結構かっこいいのがあるんです!

Amazonで見つけたのはこちら。

圧倒的な美しさ!(なんか宇宙っぽいけど…)

ステンレス 製というのもまた目がハート。笑

ただ、これ、小さいテープ用なんですよね…

それにお値段が恐ろしく…見送りました。

 

結局、迷った挙げ句、買ったのはこちら↑

 

これのどこが良いって、まずは重いこと!

なんと1.5キロもあります。

片手で躊躇なくテープを引っ張っても

動くことがありません!

一人で息子が使うには最適だったかなあと。

出しっぱなしになるモノは、美しさで選ぶ。PUEBCO Tape Dispenser。オススメのテープカッター

↑すでに少し塗装が剝げたけど、それがまた良い味♪

 

シンプルで無骨なデザインと質感が絶妙。

普遍性を感じます。

 

そりゃあ実家にあったようなモノ、

学校にも置いてそうなモノと比べたら

お値段は当然高めですが、

おそらく半永久的に使えると思います。

鉄製ですから。

荒い作りもデザインとして受け入れられます!

 

シルバーと迷って、最終的に白にしましたが、

お客様の目に触れる棚に置いてあっても、

全然気になりません。

むしろ見て見て~と思ってしまいます。笑

出しっぱなしになるモノは、美しさで選ぶ。PUEBCO Tape Dispenser。オススメのテープカッター

 

これは良いお買い物でした!

テープカッター選びに迷っている方、

ぜひ候補の一つにしてみてくださいね!